キャラクター

パンSPの性能と使い方【Sdorica/スドリカ】

キャラクター説明

故郷を離れて以来、パンの心の中には、一族を没落させてしまった自責の念や、友人を死に追いやってしまった後悔が消えることはなかった。それはずっと、パンの心の中に巣くい、息をすることさえもままらないほどに、パンを苦しめていた。これまでは、真夜中に思い出しては苦しむ程度だったが、それが徐々に形を持ち始め、やがて黒い影となってパンの心をむしばんでいく。影はまるで意思を持っているかのように、パンが孤独な時に現れては、過去の過ちを責め、力の偉大さを説き、パンを惑わせる。真夜中、目の前に現れた影は、心の悪魔が形となった幻覚か、はたまた、パン自身なのか。影は口元に笑みを携え、力への渇望を露わにする……

年齢:パンより若々しい
身長:パンよりたくましい
CV:稲田徹(パンより上機嫌)

 

ステータスとスキル構成

SSR

パン:SSR  心の中の悪魔
属性:黒 LV60 攻撃力:2729 HP:11342 蘇生必要ソウル数:10
1ソウルスキル
『疾爪』
後列の敵に貫通攻撃(2729)を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらにもう1回発動する。
2ソウルスキル
『撼地の拳』
後列の敵に貫通攻撃(6822)を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらに1回1ソウルスキルを発動する。
【誘発制限】:次の自分のターンまで、重複して1ソウルスキルを誘発しない。
4ソウルスキル
『血の大虐殺』
後列の敵に貫通攻撃(10916) を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらに1回2ソウルスキルを発動する。
【誘発制限】:次の自分のターンまで、重複して2ソウルスキルを誘発しない。
パッシブスキル
『血の業障』
ターゲットを倒すと、残りの体力の10%を失い、2ターンの「業障」を取得する。
【業障】:プレイヤーのターン開始時、自分に「挑発」を与える。仲間の治癒と盾強化を受けられなくなる。
アドバイザースキル
『焚念』
黒属性と金属性のスキルのスキル倍率が20%アップする。

 

SSR+10

パン:SSR+10  心の中の悪魔
属性:黒 LV60 攻撃力:3229 HP:14342 蘇生必要ソウル数:10
1ソウルスキル
『疾爪』
後列の敵に貫通攻撃(3229)を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらにもう1回発動する。
2ソウルスキル
『撼地の拳』
後列の敵に貫通攻撃(8072)を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらに1回1ソウルスキルを発動する。
【誘発制限】:次の自分のターンまで、重複して1ソウルスキルを誘発しない。
4ソウルスキル
『血の大虐殺』
後列の敵に貫通攻撃(12916) を発動する。
ターゲットの体力が0になった場合、さらに1回2ソウルスキルを発動する。
【誘発制限】:次の自分のターンまで、重複して2ソウルスキルを誘発しない。
パッシブスキル
『血の業障』
ターゲットを倒すと、残りの体力の10%を失い、2ターンの「業障」を取得する。
【業障】:プレイヤーのターン開始時、自分に「挑発」を与える。仲間の治癒と盾強化を受けられなくなる。
アドバイザースキル
『焚念』
黒属性と金属性のスキルのスキル倍率が20%アップする。

 

上限突破 必要素材

古代の石碑×1 黒のマナSSR×4 パンの万象の結晶×10
1000クレン
古代の石碑×2 黒のマナSSR×6 パンの万象の結晶×10
1000クレン
古代の石碑×4 黒のマナSSR×8 パンの万象の結晶×10
2000クレン

 

キャラの特徴

このキャラは敵を倒すと連続攻撃して、毎回ターゲットを倒すことができれば次々と後列から連続で攻撃することができるキャラになっています。
4ソウルスキルで後列の敵を倒す→2ソウルスキル誘発。
2ソウルスキルで後列の敵を倒す→1ソウルスキル誘発。
1ソウルスキルで後列の敵を倒す→1ソウルスキル誘発。

※1ソウルスキルには誘発制限が無いので何回でも発動することができます。

また、全てのスキルが貫通攻撃となっていて、敵の盾を無視出来る為、敵を倒しやすいです。

パッシブスキルは敵を倒すと自身のHPの10%を失い、実質2ターンの「挑発」取得と、治癒、盾の強化を無効化します。
戦闘の長期化が予想され、ターゲットを倒す際はその後2ターンの間敵の攻撃を凌げるかの確認をしておく必要がありそうです。

BOSS的な高HP、高耐久な敵には利点が活かせずパッシブのデメリットが目立ちますが、ターゲットを倒して2ターン以外は普通に回復、盾強化できるので普通の高火力キャラとして活用できます。

アドバイザースキルは金と黒属性のスキル倍率を上げるというもので、金属性はリサSP、黒属性は刃SSRに比べると単属性あたりでは10%数値は低いですが、2属性対応なので汎用性は高く、便利なスキルだと思います。
使用するなら元々の倍率が高く、高火力なキャラと合わせましょう。

相性の良いキャラ

基本的に単体で強力なキャラなのであまり他キャラとのシナジーはありません。

リサALT

1ソウルスキルで「戦意」を付与でき、さらに4ソウルスキルでパンSPの2ソウルスキルを2回誘発できます。

パンSPは連続攻撃するとその度に「戦意」のスタック数が増えるので戦意と相性が良いです。
さらに元々高火力な2ソウルスキルを2回連続で使用でき、それで敵を倒すとさらに1ソウルスキルも誘発出来るので使えない訳がありません。

 

ファティマSSR

ファティマSSRはアドバイザースキルで戦闘開始直後に黒属性キャラの2ソウルスキルを発動させます。

格下相手のステージではアドバイザースキルのみでクリアすることも可能です。

 

シャリスSSR+エリオ

シャリスSSRはアドバイザースキルで戦闘開始直後に味方全員の1ソウル発動とその後に敵全員のスキルを発動させます。

スキル発動の順番は金→黒→白→敵の順番なので、金属性にエリオを編成することで敵全員に「弱化」と「防御力ダウン」を付与した後にパンSPの1ソウルスキルが発動でき、格下の相手限定になりますが、アドバイザースキルのみでステージクリアすることも可能です。

 

プギalt&ディランalt

通称『黒サンド』です。

プギaltの4ソウルスキルを使用することで味方のキャラに「弱化」が付与されますが、金、黒属性の4ソウルスキルを誘発し、さらにディランALTの4ソウルスキルで黒属性の4ソウルスキルを誘発出来るので、黒属性のキャラは1ターンに2回4ソウルスキルを使用することができます。

1度の攻撃で後列の敵を倒しきれなくても2度目の攻撃で倒すことができればパンSPのスキル効果でさらにスキルを誘発出来るので、現状では黒サンドの黒枠は闇月が定番ですが、パンSPでもアリだと思います。

関連記事