キャラクター

ハイドの性能と使い方【Sdorica/スドリカ】

キャラクター説明

ウィリアム前王を支えていた軍師二コラの弟子。二コラ死後、その遺志を継ぎ、青空平原の村で小さな学堂を営み、貧しい子供たちに勉強を教えている。村人たちからも厚い信頼を置かれている好青年。知恵に富み知略に長けているハイドは、常に冷静に客観的に物事を捕らえることができ、普段はニコニコと優し気で、激しい感情をのぞかせることはない。だが、口にする言葉はどれも本心なのか冗談なのかの区別がつきにくく、彼の真意は誰にも分からない。太陽王国の内戦では、炎日軍側につき、アンジェリアに助言している。
亀裂病に苦しむハイド。自らの運命を変えたいと願う彼がその目に移す景色とは__

 

年齢:24歳(海月27日)
身長:180cm
CV:子安武人

ステータスとスキル構成

R

ハイド・オースト:R  草堂の教師
属性:白 LV60 攻撃力:1483 HP:11214 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『全知の眼』
「カリスマ」を獲得する。
2ソウルスキル
『戦術指導』
指定の仲間に1ソウルスキルを2回発動させる。
4ソウルスキル
『百戦百勝』
CD2以下の敵全員に攻撃(3707)を発動する。
パッシブスキル
『風林火山』
パッシブスキルはSRでアンロックされます
アドバイザースキル
『連環計』
ソウルを2個白色に変更する。[CD:7]

 

SR

ハイド・オースト:SR  乱世の良相
属性:白 LV60 攻撃力:1680 HP:12696 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『全知の眼』
「カリスマ」と2ターンの「予知」を獲得する。
【予知】:ハイドの隠し効果を見ることができる。
2ソウルスキル
『戦術指導』
指定の仲間に1ソウルスキルを2回発動させる。
4ソウルスキル
『百戦百勝』
CD2以下の敵全員に攻撃(4200)を発動する。
パッシブスキル
『風林火山』
このキャラクターはランダムの隠し効果を持つ。プレイヤーのターン開始時に変化する。
【林】:仲間の全ての治癒と盾強化の効果が40%アップして、与えるダメージの効果が20%ダウンする。
【火】:仲間の与える全てのダメージの効果が40%アップして、治癒と盾強化の効果が20%ダウンする。
アドバイザースキル
『連環計』
ソウルを2個白色に変更する。[CD:6]

 

SSR

ハイド・オースト:SSR  伝説的な陰謀者
属性:白 LV60 攻撃力:1890 HP:14283 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『全知の眼』
「カリスマ」と3ターンの「予知」を獲得する。
【予知】:ハイドの隠し効果を見ることができる。
2ソウルスキル
『戦術指導』
指定の仲間に1ソウルスキルを2回発動させる。
4ソウルスキル
『百戦百勝』
CD2以下の敵全員に攻撃(4725)を発動する。
パッシブスキル
『風林火山』
このキャラクターはランダムの隠し効果を持つ。プレイヤーのターン開始時に変化する。
【風】:黒属性の仲間のスキルの効果が30%アップする。
【林】:仲間の全ての治癒と盾強化の効果が40%アップして、与えるダメージの効果が20%ダウンする。
【火】:仲間の与える全てのダメージの効果が40%アップして、治癒と盾強化の効果が20%ダウンする。
【山】:金属性の仲間のスキルの効果が30%アップする。
アドバイザースキル
『連環計』
ソウルを2個白色に変更する。[CD:5]

 

SSR+10

ハイド・オースト:SSR+10  伝説的な陰謀者
属性:白 LV60 攻撃力:2390 HP:17283 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『連環計』
「カリスマ」と3ターンの「予知」を獲得する。
【カリスマ】:自分以外の仲間のスキルの効果が毎スタック30%アップする。最高で3スタック。
【予知】:ハイドの隠し効果を見ることができる。
2ソウルスキル
『戦術指導』
指定の仲間に1ソウルスキルを2回発動させる。
【誘発制限】:次の自分のターンまで、このスキルは同じターゲットのスキルを重複して誘発しない。
4ソウルスキル
『百戦百勝』
CD2以下の敵全員に攻撃を発動する。
パッシブスキル
『風林火山』
このキャラクターはランダムの隠し効果を持つ。プレイヤーのターン開始時に変化する。
【風】:黒属性の仲間のスキルの効果が30%アップする。
【林】:仲間の全ての治癒と盾強化の効果が40%アップして、与えるダメージの効果が20%ダウンする。
【火】:仲間の与える全てのダメージの効果が40%アップして、治癒と盾強化の効果が20%ダウンする。
【山】:金属性の仲間のスキルの効果が30%アップする。
アドバイザースキル
『連環計』
ソウルを2個白色に変更する。

 

共鳴、上限突破 必要素材

N→R熟練の戦士の涙×1 輝かしい燭台×2 白のマナR×6
ハイドのマナの結晶×5 1000クレン
R→SR龍殺しの英雄の涙×1 輝かしい燭台×6 白のマナSR×12
ハイドのマナの結晶×15 1000クレン
SR→SSR古代龍の涙×1 神聖な燭台×6 白のマナSSR×24
ハイドのマナの結晶×30 5000クレン
上限突破+1,+2神聖な燭台×1 白のマナSSR×4 ハイドのマナの結晶×10
1000クレン
上限突破+3,+4神聖な燭台×2 白のマナSSR×6 ハイドのマナの結晶×10
1000クレン
上限突破+5~+10神聖な燭台×4 白のマナSSR×8 ハイドのマナの結晶×10
2000クレン

 

キャラの特徴

このキャラはSR以上になるとパッシブで常時味方に対しての隠し効果を持ちますが、その内容は1ソウルスキルで取得できる「予知」がないと確認出来ません。

「予知」を取得しているとハイドの眼が光り、その色か、ハイドを長押しすると発動内容を確認することができます。

SRなら2パターン、SSRなら4パターンの効果がありますが、狙って出すのは難しいので発動してたらラッキー程度でいいと思います。

中にはデメリットを含む効果もありますので出来るなら「予知」を取得して効果に沿ったスキルを使用するようにしましょう。
特に1ソウルスキルで「カリスマ」を取得してる際は「カリスマ」+パッシブの内容が上乗せされるのでバフとしては非常に優秀です。
ただ、ピンチの際に【火】が発動して回復量や盾強化が20%ダウン…なんて事もあり得るので、ハイドを活用する際はできるだけこまめに回復や盾強化をするようにしましょう。

2ソウルスキルは非常に優秀で、指定のキャラなので金属性だけでなく黒属性のキャラの1ソウルスキルも誘発することができ、便利です。

4ソウルスキルはCDが1,2の敵と条件が付きますが、条件さえ満たせば全員に攻撃することが可能です。
火力としてはそれほど高いわけではないですが、白属性で攻撃したい場面があると使えます。
ただ、4ソウルスキルを発動せずにあえて2ソウルスキルを2回発動させた方が良い場面もあるので戦況を考えて判断しましょう。

アドバイザースキルは『ソウルを2個白ソウルに変換する』というもので汎用性が非常に高いです。

とりあえず持ってて損はないキャラだと思います。
ある程度キャラが揃ってくるとアドバイザーとしての活用が主になりそうです。

ハイドの眼の色一覧

 

 

 

相性の良いキャラ

基本的にはどのキャラとも基本的にシナジーがあるので組み合わせられます。

 

エリオ、ロジャーALT

金属性の1ソウルスキル誘発という点だけではリサALTに少々劣りますが、それでも十分に活用できます。

エリオ、ロジャーALTの1ソウルスキルは行動後に金以外のソウルを1個金に変換するので、ハイドの2ソウルスキルを発動すると2回行動した後に金ソウルを2個生成することができ、盤面の金ソウルを増やすことができます。

さらにエリオもロジャーALTも4ソウルスキルが非常に強力なのでハイドの1ソウルスキルの「カリスマ」とパッシブの【火】、【山】と組み合わせることができるとさらに強力になります。

関連記事