その他

オースタの性能と使い方【Sdorica/スドリカ】

キャラクター説明

ルーン学院の元教師で、生命学派の学者。現在は青空平原に実験室を置き、ルーンエネルギーと生命エネルギーの転換について研究している。
ひねくれ者で、感情の起伏が少なく冷めた性格のオースタは他人を信用しない。科学バカで、何でも自分の手でコントロールしたがる。
もし自分では解決できない事が起きようものなら、ヒステリーを起こし、いつまでもそのことにこだわり続ける。変人であると誤解されがち。
古代ルーンの研究を続けるオースタは、徐々に無秩序マナを操る秘法をコントロールできるようになってきた。その志に影響があるか否かは謎である……

年齢:47歳(霧月18日)
身長:178㎝
CV:小田柿悠太

 

ステータスとスキル構成

R

オースタ・クロヴィス:R  氷の男
属性:白 LV60 攻撃力:2308 HP:6927 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の治癒魔法』
指定の仲間に治癒(2492)を施し、白ソウルを1個消す。
2ソウルスキル
『禁断の強化魔法』
指定の仲間を2スタック「強化」する。
4ソウルスキル
『禁断の戦士』
指定の仲間に3スタックの「強化」と3スタックの「防御力アップ」を与える。
パッシブスキル
『極限解禁』
パッシブスキルはSRでアンロックされます
アドバイザースキル
『強制排除』
指定の白ソウルを2個消去する。[CD:7]

 

SR

オースタ・クロヴィス:SR  氷の学者
属性:白 LV60 攻撃力:2613 HP:7842 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の治癒魔法』
指定の仲間に治癒(2822)を施し、白ソウルを1個消す。
2ソウルスキル
『禁断の強化魔法』
指定の仲間に2スタックの「強化」と2スタックの「防御力アップ」を与え、さらに白ソウルを1個消す。
4ソウルスキル
『禁断の戦士』
指定の仲間に3スタックの「強化」と3スタックの「防御力アップ」を与える。
パッシブスキル
『極限解禁』
「強化」中の仲間に治癒を施すと効果が50%アップする。
アドバイザースキル
『強制排除』
指定の白ソウルを2個消去する。[CD:6]

 

SSR

オースタ・クロヴィス:SSR  深謀遠慮
属性:白 LV60 攻撃力:2940 HP:8822 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の治癒魔法』
指定の仲間に治癒(3968)を施し、白ソウルを2個消す。
2ソウルスキル
『禁断の強化魔法』
指定の仲間に2スタックの「強化」と2スタックの「防御力アップ」を与え、さらに白ソウルを1個消す。
4ソウルスキル
『禁断の戦士』
指定の仲間に3スタックの「強化」と3スタックの「防御力アップ」を与える。
パッシブスキル
『極限解禁』
「強化」中の仲間に治癒を施すと効果が100%アップする。
アドバイザースキル
『強制排除』
指定の白ソウルを2個消去する。[CD:5]

 

SSR+10

オースタ・クロヴィス:SSR+10  深謀遠慮
属性:白 LV60 攻撃力:3440 HP:11822 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の治癒魔法』
指定の仲間に治癒(4643)を施し、白ソウルを2個消す。
2ソウルスキル
『禁断の強化魔法』
指定の仲間に2スタックの「強化」と2スタックの「防御力アップ」を与え、さらに白ソウルを1個消す。
4ソウルスキル
『禁断の戦士』
指定の仲間に3スタックの「強化」と3スタックの「防御力アップ」を与える。
パッシブスキル
『極限解禁』
「強化」中の仲間に治癒を施すと効果が100%アップする。
アドバイザースキル
『強制排除』
指定の白ソウルを2個消去する。[CD:5]

 

ALT

オースタ・クロヴィス:ALT  百術千慮
属性:白 LV60 攻撃力:2940 HP:8822 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の手法』
敵の体力を満タンにして、「めまい」を与える。
2ソウルスキル
『禁断の取引』
指定の仲間に2スタックの「強化」と指定の敵に2スタックの「防御力ダウン」を与える。
4ソウルスキル
『禁断の改ざん』
指定の仲間に永久的な「強化」と指定の敵に永久的な「防御力ダウン」を与える。
パッシブスキル
『報酬』
自分以外の仲間が体力が満タンの敵を倒すと、その仲間の体力を満タンにする
アドバイザースキル
『意のまま』
指定の仲間に2スタックの「強化」と指定の敵に2スタックの「防御力ダウン」を与える。[CD:5]

 

ALT+10

オースタ・クロヴィス:ALT+10  百術千慮
属性:白 LV60 攻撃力:3440 HP:11822 蘇生必要ソウル数:8
1ソウルスキル
『禁断の手法』
敵の体力を満タンにして、「めまい」を与える。
2ソウルスキル
『禁断の取引』
指定の仲間に2スタックの「強化」と指定の敵に2スタックの「防御力ダウン」を与える。
4ソウルスキル
『禁断の改ざん』
指定の仲間に永久的な「強化」と指定の敵に永久的な「防御力ダウン」を与える。
パッシブスキル
『報酬』
自分以外の仲間が体力が満タンの敵を倒すと、その仲間の体力を満タンにする
アドバイザースキル
『意のまま』
指定の仲間に2スタックの「強化」と指定の敵に2スタックの「防御力ダウン」を与える。[CD:5]

 

共鳴、上限突破 必要素材

R→SR龍殺しの英雄の涙×1 操り人形×6 白のマナSR×12
オースタのマナの結晶×15 1000クレン
SR→SSR古代龍の涙×1 奇跡の人形×6 白のマナSSR×24
オースタのマナの結晶×30 5000クレン
上限突破+1,+2奇跡の人形×1 白のマナSSR×4 オースタのマナの結晶×10
1000クレン
上限突破+3,+4奇跡の人形×2 白のマナSSR×6 オースタのマナの結晶×10
1000クレン
上限突破+5~+10奇跡の人形×4 白のマナSSR×8 オースタのマナの結晶×10
2000クレン

 

R~SSR

キャラの特徴

1ソウルスキルは指定の味方に治癒を施し、白ソウルを消します。
単体のみですが、回復量は多くなっています。
白ソウルを消す効果があるので連続して白ソウルスキルは発動しにくくなるデメリットにもなりますが、代わりに金、黒ソウルスキルを発動しやすくなるメリットにもなります。

2,4ソウルスキルは味方に「強化」と「防御力アップ」を2,3スタック付与するという便利なスキルになっています。
1ターンのみですが、単純に強力なスキルです。

パッシブスキルは「強化」中の仲間に治癒を施す場合に回復量が増すというものです。
オースタが付与できる「強化」は1ターンのみなので、パッシブスキルを使用して回復量を増したい場合はオースタが付与した「強化」が無駄になってしまう為、ちょっと勿体ない気がします。
しかし、黒、金キャラで「強化」を付与できるキャラには相性が良いです。

アドバイザースキルは白ソウルを2個消すというものですが、CDは5で別段短い訳でもなく、金ソウルを増やしたい場合は実験体を使用する方が良いでしょう。
黒ソウルを増やしたい場合はシエルの方が良いですが、所持していない場合は代わりにこのキャラを使用してもいいかもしれません。
シエル、実験体の両方を持っている場合は使用する機会は無いと思います。

 

相性の良いキャラ

回復とバフ特化のキャラなので特に相性というものが無く、どのキャラ、どの編成でも運用することができます。

グルンワルト

グルンワルトは自身が盾を所持している場合、1ソウルスキルを使用すると味方全員に「強化」を付与することができるので味方全員に対してパッシブスキル込みの治癒を施すことができるようになります。

 

ALT

キャラの特徴

1ソウルスキルは指定の敵のHPを全快させる代わりに「めまい」を付与することができます。
BOSS級のキャラにはHP全快のデメリットが大きすぎ、雑魚敵相手には「めまい」を付与せずとも倒せばいいのであまり使い道が無いスキルかなと思います。
このキャラ唯一の回復手段であるパッシブスキルを発動させる際には有効なので、BOSS戦前の雑魚的で仲間を回復させたい場合に使用しましょう。

2ソウルスキルは味方に2スタックの「強化」、敵に2スタックの「防御力ダウン」を付与することができるので、1ターンのみですが、指定の味方キャラの火力を120%増すことができます。

4ソウルスキルは味方に1スタックの「強化」、敵に1スタックの「防御力ダウン」を付与しますが、有効ターン数が永久的となっており、そのバトル中はずっと有効になっています。
長期戦になればなるほど活きてくるスキルです。

パッシブスキルはHPが満タン状態の敵を仲間が倒すことができれば倒した仲間のHPを全快させるというもので、ALTの場合はこれしか回復手段がありません。
1,2ソウルスキルを使用すれば発動しやすくなるので、回復させたい場合は1,2ソウルスキルと併用するようにしましょう。

アドバイザースキルは2ソウルスキルと同じ効果で、1ターン限りですが、指定キャラの指定した敵に対しての火力を120%上げることができるので非常に使い勝手がいいスキルになっています。

 

相性の良いキャラ

基本的に味方へのバフ、敵へのデバフを付与するキャラなので、キャラ関係なく運用することができます。
逆に言えば特定の相性の良いキャラというものがありません。

関連記事